血糖を知る、はかる、コントロールする 2016年「糖をはかる日」講演会レポート

2016年10月19日 

 糖尿病治療研究会は10月8日の「糖をはかる日」に記念講演会を開催した。血糖値をはかり、血糖の動きをモニターすることが、自分の体の状態を知るために重要だ。初期の段階では、特に食後の血糖値が上昇しやすい。血糖値をはかってみることが大切だ
糖をはかる意義とは
血糖自己測定は誰にでも勧められる
池田義雄 先生(糖尿病治療研究会代表幹事)  糖尿病の治療の基本は血糖コントロールだ。しかし、血糖の動きは人によって全部異なり、また、いつも一定とは限らない。糖尿病の人がインスリンや経口薬などの薬を使っていると、その動きはさらに複雑になる。

 血糖を適正にコントロールするには、血糖の動きをモニターし、コントロールがきちんとできているかどうかを、チェックする必要がある。日常の生活でもそのチェックをできるようにしたのが血糖自己測定だ。

 医療機関でしかできなかった血糖測定を、自宅でも24時間いつでも測定でき、常に変動する血糖値をリアルタイムでとらえられるようにした。そして、得られた血糖値を治療にフィードバックする。このシステムが、より正常に近い厳密なコントロールを可能にする。

 この方法に関する研究を、1976年に世界に先駆けて開始し、実用化をはかったのが、糖尿病治療研究会代表幹事の池田義雄先生だ。それから40年目にあたる2016年に、糖尿病治療研究会は毎年10月8日を「糖をはかる日」に制定した。

 インスリンなどの自己注射療法をしている患者には、健康保険で血糖自己測定器が給付され、医師が指示した1日の測定回数に応じてセンサーが給付される。自己注射療法をしていない患者でも、病状によっては年に1度、保険が適用される。

 糖尿病の治療では、食後血糖値のコントロールが重視され、治療効果を知るために医師の判断で患者が自己測定をおこなうケースも増えている。また、血糖自己測定器と穿刺器、センサーは薬局でも購入できるので、誰でも自費で測定できる。関心のある人は、医師に相談してみよう。
血糖自己測定を行えば自分の血糖値が簡単に分かる
 10月8日に開催された「糖をはかる日」記念講演会では、ヘルスケア企業であるアボット ジャパンの協力により、「検体測定室」が設けられた。アボットの血糖自己測定器である「フリースタイル プレシジョンネオ」が提供され、50人以上が検査を行った。

 フリースタイルは0.6μLというわずかな血液により、糖尿病と関連の深い血糖値を測定できる。測定時間も約5秒で、すぐに測定値を表示する。血糖自己測定器の本体は手のひらにおさまるほど小さい。セルフメディケーション推進の流れに後押しされ、薬局などを中心に「検体測定室」を開設する店舗が増えている。

 「まさか自分は糖尿病にならないだろう」と考える人が多く、自覚症状がないままに病気が進行することも珍しくない。近くの「検体測定室」であれば手軽に検査を行えるので、健康への意識が高まり、健診を受ける動機付けにもなる。

 血糖自己測定であれば、自分の血糖値がどのくらい高いのかを簡単に知ることができる。血糖値が高くても自覚症状はほとんどあらわれないため、糖尿病患者であっても自身で高血糖に気づくことは少ない。日々の生活の中の血糖値を知ることができる血糖自己測定は強い味方になる。
「血糖値スパイク」が注目されている 危険サインを見逃さないことが大切
 血糖値は通常、空腹時に低く、食後に高くなる。最近、空腹時血糖値は正常または境界領域でも、食後の血糖値のみが高くなる(200mg/dL以上)「血糖値スパイク」が注目されている。

 糖尿病の初期に多くみられのが「食後高血糖」。食後高血糖はその名称のとおり、食事後の血糖値が異常に高くなる症状のことをさす。この状態を放置しておくと、やがて空腹時血糖値も高くなり2型糖尿病へと進行していく。

 空腹時血糖値だけでは糖尿病と気付かず、経口ブドウ糖負荷試験によってはじめて糖尿病と診断される人が多いことが、多くの大規模臨床試験で確かめられている。通常の健診で空腹時血糖値をみただけでは、糖尿病初期の患者を半数近くを診断できないことから、食後高血糖は「隠れ糖尿病」とも言われる。

 「隠れ糖尿病」は誰にでも起こりうる状態だ。健診で糖尿病を指摘されなかった人でも安心はできない。たとえ空腹時血糖値が正常範囲内であっても、食後高血糖(200mg/dL以上)が起きている患者では、正常型(140mg/dL未満)の人よりも、動脈硬化が進行しやすく、心筋梗塞や脳梗塞などで死亡する危険が2倍に上昇することが分かっている。

 糖尿病は自覚症状なく進行し、全身にさまざまな合併症を引き起こす病気だ。しかし、初期の段階で気づけば、食事や運動などの生活習慣の改善だけで、進行をくい止めることもできる。

 2型糖尿病の初期の危険サインである食後高血糖を見逃さないことが、糖尿病の早期発見、早期治療のために重要だ。糖尿病の初期サインをみつけるために効果的なのが血糖自己測定だ。血糖自己測定器を用いれば、家庭でも手軽に食後の血糖値を知ることができる。血糖値は食後1~2時間後に上昇しやすい。積極的に食後の血糖値を測ろう。
講演1「糖のことを知り、上手にコントロールしよう」
河盛隆造 先生(順天堂大学名誉教授・特任教授)

 「肥満」や「やせ」といった体型の違いは、身長と体重をもとに計算する「BMI」を指標に判定される。海外では肥満の基準は「BMI30以上」だが、日本では「BMI25以上」。最近の研究で、日本人を含むアジア系ではBMI25未満でも、2型糖尿病などの生活習慣病(代謝異常)にかかる危険性が高いことが明らかになりつつある。

 日本に多い、太っていなくても生活習慣病(代謝異常)になりやすい「やせメタボ」の人は、筋肉でインスリンがうまく作用せず、糖を取り込みにくい体質(インスリン抵抗性)である可能性が高い。

 研究チームが100人以上の日本人男性を対象に調査したところ、太っていなくても代謝異常を生じている人は、筋肉の質が低下していることが明らかになった。筋肉の質の低下は、「体力の低下」「活動量の低下」「内臓脂肪の蓄積」「高脂肪の食事」などと関連していることも判明した。

 たとえ食事直後のインスリン分泌が遅延し量も少ないという体質の人でも、肝臓のインスリン感受性が高ければ、食事摂取時の肝・ブドウ糖取り込み率が高く、夜間の肝・ブドウ糖放出率も過剰にならず、血糖応答はいつも正常だ。しかし、脂肪肝などで肝でのインスリンの働きが低下すると、血糖応答に乱れが生じ、血糖値が高くなる。

 2型糖尿病を発症する人が30~40歳代の世代でも増えている。糖尿病の初期段階では食後高血糖が起こることが多い。「誰にでも糖尿病を発症するリスクがある。しかし、体にはもとの正常な状態に戻そうという働きも備わっている。まずはご自分の体の状態を知ることが必要で、食後の血糖値をはかってみることが大切だ」と、河盛教授は言う。
講演2「血糖値の変動とその管理」
森 豊 先生(東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)

 現在、血糖変動を連続的に捉える手段として、糖尿病領域では「持続血糖モニター」(CGM)が広く臨床で用いられている。CGMにより血糖の日内変動の全体像がよく見えるようにより、インスリンの調節や低血糖対策だけでなく、血糖自己測定(SMBG)で捉えられなかった血糖状態を把握できるようになった。

 食後高血糖、低血糖、急激な血糖低下などの血糖変動が、心血管疾患発症に大きく関与していることが、最近の欧米の大規模研究で明らかになってきた。CGMで1日の血糖変動を細かく把握することが、こうした合併症の予防・改善に役立つ。

 一方、「ホルター心電図」は、小型軽量の装置を身に付けて、日常生活中の長時間の心電図を記録して解析して観察する検査だ。森教授らは、CGMとホルター心電図を同時に装着して解析し、1日の血糖変動に連動した交感神経活動の変化を24時間にわたり測定する研究を行った。

 その結果、食後に血糖値が上昇する時間帯ではなく、血糖値が急激に低下する時間帯に交感神経の指標の上昇がみられ、特に夕食後の血糖ピーク時から夜間深夜に続く時間帯の低血糖は「交感神経」の緊張を引き起こすことが明らかになった。
夜間の血糖変動を平坦化させる治療も必要
 夜間深夜帯は、本来であれば血糖値の変動が少なく、「副交感神経」が優位で「交感神経」は低下する。この時間帯に血糖値が大きく変動し、交感神経が活発になるのは危険な状態で、不整脈など体にとって有害な防御反応が働く可能性がある。

 さらに、長期的にみると、夜間に起きる急激な血糖変動は交感神経の活動が緊張を引き起こし、冠動脈内プラ―クなどができやすくなり、心血管イベント発症に大きく結びつくと考えられる。

 現在、糖尿病の治療で使われる血糖降下薬(経口薬)は6種類ある。その中で「DPP-4阻害薬」は、夕食後の血糖上昇を抑えて夕食後から夜間深夜帯に続く血糖変動を平坦化させることで、同時間帯の交感神経活動の亢進を抑える効果を期待できる。

 「食後高血糖を抑えるだけでなく、夕食後の血糖上昇を抑えて、特に夜間深夜帯の血糖変動を平坦化させる治療も必要とされている」と、森教授は述べている。

10月8日「糖をはかる日」制定記念講演会
~糖を知る、はかる、コントロールする~

[日時]10月8日(土)
[場所]フクラシア東京ステーション
[内容]
司会:岩本安彦 先生(公益財団法人朝日生命成人病研究所・附属医院 所長・院長)
ご挨拶「糖をはかる意義とは」
池田義雄 先生(糖尿病治療研究会代表幹事)
講演1「糖のことを知り、上手にコントロールしよう」
河盛隆造 先生(順天堂大学名誉教授・特任教授)
講演2「血糖値の変動とその管理」
森 豊 先生(東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
パネルディスカッション

10月8日は「糖をはかる日」
糖尿病治療研究会
編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。

関連情報

開発中の薬剤―新薬情報― - 国内外の糖尿病治療薬の開発情報
◇SMBG:自己血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇SMBG:自己血糖測定器

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2017 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料