糖尿病の人でも加入できる より少額の定期保険 糖尿病保険ミニ

 エクセルエイド少額短期保険は、2016年4月11日より、月々の支払いがより少額の死亡保障として、定期保険「糖尿病保険ミニ」の販売を開始した。
保険は万が一のときに経済的な負担を
肩代わりしてくれる
 保険は、あなたの身に万が一ケガや病気、事故、死亡といった最大のピンチが訪れたときに、経済的な負担を肩代わりしてくれる。

 今や日本人の平均寿命は80歳を超え、糖尿病患者の寿命も年々延びている。不測の事態がなく健康的に生活している場合でも、将来に備えて経済的な準備は必要になっている。生命保険は確実に必要となるお金を準備する手段として活用できる。

 事故、病気、入院、家族の死など、最悪の事態が訪れたときの精神的なショックは大きい。もしも保険の備えがなかったら、ただでさえ最悪の事態なのに、さらにお金の問題が積み重なる。万が一の時に「十分なお金がある」ということは大きな救いになる。

 あまり考えたくないかもしれないが、不測の事態というのは結構身近なことかもしれない。がんで亡くなる人は1日に1,008人以上、心疾患で亡くなる人は1日に539人以上、脳卒中で亡くなる人は1日に312人以上に上るという調査結果もある(厚生労働省 2014年人口動態統計)。多くの方々が病気やケガのために亡くなっているのが実態だ。

 死亡や事故、病気やケガは、いつ起こるか分からない。誰もが一生を通じて、常に危険に直面している。保険は万が一の際に、残されたご家族の生活のための大切な備えとなる。
糖尿病の治療中でも加入できる保険 89歳まで加入可
 生命保険の加入を考えているものの、加入できる保険が見つからない、保険料の負担が気になっているという人は多いようだ。「糖尿病なので、加入できる保険が少ない」「月々の保険料は安くおさえたい」「万が一に備えておきたい」といった声が多く聞かれる。

 「糖尿病保険ミニ」はそうした要望に応える、安い保険料で加入できる定期保険(死亡保障)。「糖尿病の治療中でも加入できる」「89歳まで加入できる」「10万円単位で保障を選べる」といった特徴がある。

【糖尿病保険ミニ】
 加入前に糖尿病(合併症を含む)が発症していても、3つの告知(無診査)で加入でき、糖尿病(合併症を含む)のほか、契約日以後発症の他の病気やケガにより死亡した場合に受けられる保障金額を10万円単位で90万円まで選べる定期保険。よりお手頃な保険料で加入できるプラン。

 月額保険料はたとえば50歳女性で保険金額60万円の場合、月々626円ととてもお手頃だ。申込みはインターネット(PC・スマートフォン)からも可能で、画面にしたがって入力するだけで簡単に申込みができる。

 糖尿病・合併症、歯周病の治療中の人でも、加入に際しては3つの告知事項のみで、医師による診査は必要ない。

 さらに1型糖尿病に限り、過去2年以内にインスリン投与またはインスリンポンプ装着による入院、手術をした場合でも、退院の翌日から3ヵ月以上経過していれば加入できる。

 糖尿病保険についての詳細は、ホームページで公開されているほか、フリーダイヤルからも問合わせが受け付けられている。フリーダイヤルは0120-307-133(平日午前9時~午後6時)。

 エクセルエイドは「糖尿病保険ミニ」の他にも、糖尿病の人向けの保険を各種とりそろえている。「雨が降っている時に傘を差しだす保険会社でありたい」がエクセルエイドの願いだ。

【糖尿病保険ライフ】
 加入前に糖尿病(合併症を含む)が発症していても、3つの告知(無診査)で加入でき、糖尿病(合併症を含む)のほか、契約日以後発症の他の病気やケガにより死亡した場合に一口100万円から最高300万円まで100万円単位で保障を受けられる定期保険。

【糖尿病保険フラット】
 加入前に糖尿病(合併症を含む)が発症していても、3つの告知(無診査)で加入でき、糖尿病(合併症を含む)のほか、契約日以後発症の他の病気やケガにより死亡した場合に年齢に応じた保障を受けられる、保険料がずっと変わらない定期保険。月額保険料は2,000円~10,000円までから選べるプラン。

【糖尿病保険】
 加入前に糖尿病(合併症を含む)を発症していても、3つの告知(無診査)で加入でき、糖尿病(合併症を含む)・歯周病のほか、契約日以後発症の他の病気やケガによる入院・手術の保障を受けられる医療保険。

【糖尿病保険プラス】
 加入前に糖尿病(合併症を含む)を発症していても、3つの告知(無診査)で加入でき、糖尿病(合併症を含む)・歯周病のほか、契約日以後発症の他の病気やケガによる入院・手術・通院の保障を受けられる医療保険。より手厚い保障が受けられる。

糖尿病保険のエクセルエイド
[Terahata]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶