SAP導入で生活が激変! 1型糖尿病患者さんの手記を公開

糖尿病ネットワークの「インスリンポンプ情報ファイル」で、新たな体験談が追加されました。体験談紹介コーナーでは、患者さんの手記とともに、主治医からのコメント、導入施設データ、導入手順、メリット、課題などをご紹介しています。
インスリンポンプ療法体験談 PART2へ ▶

 神戸大学医学部附属病院 糖尿病内分泌内科・廣田勇士医師のもとへ通うF. Y さん(33歳・男性)は、1型糖尿病を発症して10年。あるきっかけでカーボカウントを習い、面白いくらいに血糖コントロールがうまくいくようになり、CSIIにも興味を持つようになったようです。SAP導入後、生活が激変したというF. Y さん、どのような想いで導入し、よい結果をもたらしたのか、主治医の廣田先生のご見解とともにご参考にしていただければと思います。

SAPで得られた「自信と安心」(本文より)

投稿者:F. Y さん(33歳、男性、1型糖尿病)

 1型糖尿病歴10年になります。10年間ペンでの加療を続けてきましたが、この5~6年はHbA1cが8%を下回ったことがありませんでした。

 その頃の生活は、常に血糖値が気になり、四六時中落ち着かない気持ちでした。高血糖でいる方がまだ安心なので、インスリン量を必要よりわざと少なめに打ったり、恒常的に微糖コーヒを飲んでいたり。その生活にだんだん慣れてくると「今も高いはず」と勝手に予測して測定もせずインスリンを打ったりもしていました。

続きはこちら...
SAPで得られた「自信と安心」 ▶

ご投稿をお待ちしています! 詳細はこちら ▶

関連情報

インスリンポンプ療法 体験者の声 Part2 ▶

インスリンポンプ療法 体験者の声 Part1 ▶

インスリンポンプ情報ファイル ▶

※SAPとは?
 「SAP」(Sensor Augmented Pump)は、インスリンポンプに「パーソナルCGM」(Continuous Glucose Monitoring)機能を搭載したシステム。患者さん自身で血糖変動を随時確認できることが大きな特徴。CGMトランスミッタ(送信器)と通信することにより、パーソナルCGMとしても使用でき、毎日のCGMグラフや血糖値の平均値、アラームの発生回数を最大3カ月間記録。センサグルコース値が一定の範囲を超えて上昇また低下するとアラート(音やバイブでお知らせする)機能がお知らせ。予期せぬ高血糖や低血糖への早期対応がしやすくなる。

[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
心のそこにあるモチベーション 連載「インスリンとの歩き方」
2018年12月14日
「1型糖尿病研究基金」第13回研究費助成の公募を開始 日本IDDMネットワーク
2018年12月06日
アラート機能付きのリアルタイムCGM「ガーディアン コネクト システム」の提供を開始 高血糖や低血糖に対する回避行動を促す
2018年11月30日
免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病発症 日本内分泌学会がガイドラインを発表 日本糖尿病学会が協力
2018年11月15日
世界糖尿病デー 「リリー インスリン50年賞」 インスリン治療を続けて50年
2018年10月23日
コンタクトレンズを装着するだけで血糖値を持続的にモニタリング 無線給電が不要の世界最小センサーを開発 名古屋大学
2018年10月19日
日本の1型糖尿病の患者数は10~14万人 支援とケアが必要 厚労省研究班
2018年10月17日
リリーの新規の超速効型インスリン「URLi」 1型・2型糖尿病の第3相臨床試験で有効性に関する主要評価項目を達成 食後血糖値の改善効果も

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶