新制度「下肢救済加算」をわかりやすく解説 フットケア情報ファイル

フットくん

この4月から施行された「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」(下肢救済加算)により、透析患者さんの重症化予防のための足チェックが義務化されました。

今回、制度創設に尽力された1人である杏林大学形成外科の大浦紀彦教授(一般社団法人 Act Against Amputation代表理事)に、この制度の運用についてわかりやすいフロー形式で解説いただきました。

「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」(下肢救済加算)の基礎知識と実践 ▶

 平成28年度4月より、透析クリニックですべての人工透析患者さんの下肢をチェックし、虚血のある患者さんを専門病院へ紹介する新たな指導管理加算が施行されました。今後は、ABIやSPPといった必要な検査を行い、虚血がある患者さんを足の専門病院へ紹介することになります。診療科の垣根を超えた制度であり、そのノウハウや手技など、わからない点も多いかと思われます。

 今回、この制度の概略とともに、実際のチェック方法や運用フローについて実践の中心となる看護師さんの役割を中心にまとめてみました。ぜひ、参考にしていただき、患者さんの救肢に貢献されることを願っております。

もくじ ※このコーナーは、医師・医療スタッフのためのコンテンツです。
  • Part1. なぜ透析患者にフットケアが必要なの?
     背景1. 重症下肢虚血患者の増加
     背景2. 医療制度の変革
  • Part2. 重症下肢虚血の病態と治療について
     足を「診る」こと
  • Part3. 下肢救済を行う病院へ「紹介」するとどんな治療が行われるのか
     重症下肢虚血の治療
     重症下肢虚血治療のゴール設定
     血行再建術と創傷治療
     歩行のために必要なこと
  • Part4. CLI・虚血の足と評価したその後は?
     病院への紹介、具体的にどうすればよい?
     どういう流れで治療が進むのか?
     看護師はどこに気を付ければよいのか?
  • まとめ

本編はこちら ▶

こちらもご活用ください

5つの質問でわかる! 「AAAスコア」でハイリスク患者さんを簡単にスクリーニング ▶

 「AAAスコア」は、糖尿病足潰瘍患者の下肢切断リスク因子研究の成果から導き出されたチェック方法です。特別な検査を行うことなく、簡便に糖尿病足病変のスクリーニングが可能です。ぜひ、日常診療にご活用ください。

関連情報

足病変とフットケアの情報ファイル ▶
一般社団法人 Act Against Amputation ▶
更新情報配信中! AAAのFacebook ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年06月19日
「糖尿病とカンセン」 1型糖尿病患者さんの連載、第18回を公開
2017年06月15日
若年1型糖尿病患者の健康関連QOL向上に関与する因子とは? より良い血糖コントロールが重要
2017年05月09日
ACCORD追跡研究 脂質管理強化は本試験同様、高TG/低HDL-Cで有効
2017年04月20日
Once Weekly 製剤の功罪 、その意義と療養指導上の問題 難波光義 先生
2017年04月17日
経口血糖降下薬配合剤の現状と注意点 糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント
2017年04月04日
ADA 糖尿病網膜症の新ステートメント 血圧や脂質の管理も最適化を
2017年03月29日
糖尿病治療食としての「ロカボ」とその指導とは 山田 悟先生
2017年03月21日
1型糖尿病発症から10年、忍び寄る合併症 「インスリンとの歩き方」
2017年03月16日
糖尿病足病変の現状報告 全国に広がるAAAの下肢救済活動
2017年03月03日
解説『糖尿病診療ガイドライン2016』 糖尿病に合併した脂質異常症の管理

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶