4月からの新制度 「透析患者さんの足を守るしくみ」 を積極的に活用しよう

2016年4月 8日 

一般社団法人 Act Against Amputation
4月から改定された診療報酬で、重症化予防取り組みの推進として人工透析患者の下肢末梢動脈疾患重症化予防の評価「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」が新設されました。足病変による下肢切断で最もハイリスクな透析患者さんに対して、足の状態を定期的にチェックし、異変のある人には専門施設を紹介するという制度。早期発見・早期治療により、毎年2万人以上にのぼる下肢切断者を減らすというもの。この制度の意義について、一般社団法人 Act Against Amputation代表理事/杏林大学医学部形成外科の大浦紀彦先生に寄稿いただきました。

一般社団法人 Act Against Amputationへ

2016年4月からの新制度「透析患者さんの足を守るしくみ」を
積極的に活用しよう

一般社団法人 Act Against Amputation代表理事/
杏林大学医学部形成外科 大浦 紀彦

今年4月より「透析患者さんの足を守るしくみ」が施行されることになりました。我々医療者が言うところの「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」という診療報酬制度で、透析患者さんの足病重症化を予防し、下肢切断者を減らすことを目的としています。この制度を使う透析患者さんにはぜひ、このしくみについて知っていただき、ご自身の足の状態を毎日チェックする習慣をつけるきっかけにしてもらいたいと願っています。

なぜ透析患者さん限定なの?

 なぜ透析患者さんなのかというと、足病を引き起こす可能性が最も高いからです。腎臓病や糖尿病は、血管を詰まらせる病気です。特に、四肢は動脈硬化や石灰化によって血管が狭くなったり、詰まったりする「虚血」を引き起こしやすく、「虚血」を放置にしておくと血液が巡らなくなり壊疽(えそ)になります。壊疽になるとその部位を切断することになります。この足病のことを医学用語で重症下肢虚血といいます。

 今回の制度では、そんな「虚血」リスクが最も高い透析患者さんに対するものですが、透析患者さんの約半数は糖尿病が悪化した人。透析治療にまで至っていない糖尿病患者さんでも、足病変が出てくる人はたくさんいますから、もちろん日頃の足チェックは必須です。現在、糖尿病では少なくとも年間2万人の患者さんが足を切断していると言われていますが、腎臓病や他疾患の合併などを含めた全体像は、実はつかめていません。(また、今までに切断した人が累計で何万人いるのかも、把握されていません。)これは患者さんが受診した科によって足の扱われ方が変わるので、領域の垣根を超えて追跡しなくてはならず、現状では実態把握が困難なのです。ただ、切断すると生存率は短くなりますので、絶対数自体はあまり大きくないのかもしれない、とは予測されます。

続きはこちら...
2016年4月からの新制度「透析患者さんの足を守るしくみ」を
積極的に活用しよう ▶

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2017 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料