2002 年
糖尿病医療 進歩の歴史

非定型抗精神病薬による高血糖に関する安全性情報

錐体外路症状が少ない非定型抗精神病薬の処方の拡大とともに、同薬との関連が否定できない高血糖、ケトアシドーシス、昏睡、死亡などが報告され、このころ、各薬剤の緊急安全性情報が相次いで出される。

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る