1991 年
糖尿病医療 進歩の歴史

特定保健用食品制度発足

健康の維持増進に役立ち、特定の保健の用途に資することを目的とした食品を「特定保健用食品」として厚生労働省が認可する制度がスタート。現在は消費者庁の管轄。糖尿病関連では、難消化性デキストリンを用い食後血糖上昇を抑制する食品などが認可されている。

特定保健用食品制度発足

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る