2013 年
糖尿病医療 進歩の歴史

アディポロンの報告

門脇らが、アディポネクチン受容体作動薬を開発。動物実験では糖尿病の改善や寿命の延長が認められることを報告。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る