1994 年
糖尿病医療 進歩の歴史

CD3モノクローナル抗体による1型糖尿病モデルマウス長期寛解の報告

1型糖尿病モデルマウスに対するT細胞表面抗原CD3モノクローナル抗体の短期投与で、糖尿病の長期寛解が得られると、Chatenoudらが報告。その後、毒性を解除したヒト化抗体を用いて臨床研究へ発展。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る