1992 年
糖尿病医療 進歩の歴史

抗ICA512抗体同定

Rabinらが1型糖尿病発症にかかわる自己抗体の一つ、抗ICA512抗体を同定。のちに報告された抗IA-2抗体は、これと同一であることが判明。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る