1968 年
糖尿病医療 進歩の歴史

ヘモグロビン成分異常が血糖管理マーカーになる可能性

Rahbarらが、電気泳動により糖尿病患者のヘモグロビン成分異常を見出し、血糖管理指標となり得る可能性があることを報告。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る