1970 年
糖尿病医療 進歩の歴史

インスリン自己免疫症候群の報告

平田幸正(1925-2014)らが、インスリン治療を受けたことがないのにもかかわらず、インスリン自己抗体が存在し自発性低血糖が起こる「インスリン自己免疫症候群」を報告。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る