1889 年
糖尿病医療 進歩の歴史

イヌの膵臓全摘出による糖尿病

ドイツの医師、Oskar Minkowski(1858-1931)とJoseph von Mering(1849-1908)が、イヌの膵臓を全摘出し、糖尿病を発症することを確認。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る