1869 年
糖尿病医療 進歩の歴史

膵島(ランゲルハンス島)の発見

ドイツの医師、Paul Langerhansが膵臓に新たな細胞群を発見。この細胞群は後に、インスリンやグルカゴンを分泌する細胞で、それらがあたかも島のように点在していることがわかり、「ランゲルハンス島」と名付けられた。

膵島(ランゲルハンス島)の発見
ランゲルハンス島。H-E染色(画像元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る