2010 年
糖尿病医療 進歩の歴史

インスリンからGLP-1受容体作動薬への切替に注意喚起

インスリン療法からGLP-1受容体作動薬へ切替え後に著明な高血糖を来したりケトアシドーシスを発症し死亡に至った症例が複数報告され、インクレチン関連薬の適正使用に関する委員会が緊急情報を出して注意喚起。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る