1987 年
糖尿病医療 進歩の歴史

糖尿病性骨減少症の疫学調査

糖尿病患者の骨量は減少しているとの報告があるものの、否定的な意見も少なくない状況において、糖尿病性骨病変研究会が全国規模の疫学調査を実施。わが国においても糖尿病患者は骨減少症の頻度が有意に高いことが明らかになった

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る