1987 年
糖尿病医療 進歩の歴史

日本人双生児糖尿病調査

日本糖尿病学会の双生児糖尿病委員会報告により、双生児における糖尿病の一致率はIDDMよりもNIDDMのほうが高いことなどが明らかになった。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る