1979 年
糖尿病医療 進歩の歴史

WHO MSVDD報告

WHO(世界保健機関)による糖尿病合併症に関する国際調査が企画され、イギリス、アメリカ、日本、ソビエト、キューバ、東ドイツ、ポーランドなど13か国の代表的な都市で実施される。国や人種により好発する合併症の違いが明らかに。なお、追跡研究からは糖尿病患者の死因等の相違も示されている。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る