1966 年
糖尿病医療 進歩の歴史

八幡製鉄所従業員家族における小児糖尿病の頻度の報告

八幡製鉄所の従業員の家族の診療録調査から、15歳未満の小児1万人あたり少なくとも1人の顕性糖尿病患者が存在するとの報告。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る