2004 年
糖尿病医療 進歩の歴史

東北スタディ(第2回)

1998年に引き続き、東北糖尿病合併症フォーラムによる神経障害に関する第二次実態調査が、約1万5,000症例を対象に行われる。専門医による神経障害診断率は一般医より高いものの、簡易診断基準を用いた場合は一般医の診断率も専門医と同等に高くなることなどを報告。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る