1999 年
糖尿病医療 進歩の歴史

DECODE報告

1997年にADA(米国糖尿病学会)がOGTTを施行せずに空腹時血糖値のみで糖尿病診断を可能とするとした新たな診断基準の妥当性を検証する目的で行われたDECODE(Diabetes epidemiology: collaborative analysis of diagnostic criteria in Europe)の結果が発表され、新たな基準では糖尿病の見逃しが大きいことが報告された。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る