2006 年
糖尿病医療 進歩の歴史

ADA/EASD 合同ステートメント策定

ADA(米国糖尿病学会)とEASD(欧州糖尿病学会)共同の2型糖尿病治療に関するステートメントが発表される。メトホルミンを第一選択薬とし、HbA1c7%に到達しなければ、持続型インスリン等を追加するとし、わが国の糖尿病実臨床とは差異のある内容。なお、同ステートメントはその後3年ごとに発表されている。

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る