1982 年
糖尿病医療 進歩の歴史

日本糖尿病学会が診断基準改訂

日本糖尿病学会が糖尿病の診断基準を改訂。糖負荷量をそれまでの50gと100gの中間の75gとした。診断基準値は当時のWHO基準にならい、空腹時は140mg/dL以上を糖尿病型とした。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る