2014 年
糖尿病医療 進歩の歴史

糖尿病腎症病期分類2014 策定

日本糖尿病学会と日本腎臓学会の糖尿病性腎症合同委員会が、糖尿病腎症の新たな病期分類を発表。GFR30mL/分/1.73m2以上の場合は尿アルブミン排泄量のみで病期分類し、GFR30mL/分/1.73m2未満の場合は尿アルブミン排泄量に関わらず腎不全期とする。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る