2012 年
糖尿病医療 進歩の歴史

劇症1型糖尿病診断基準 改訂

日本糖尿病学会が劇症1型糖尿病の診断基準を改訂。劇症1型糖尿病は発症時の迅速な診断が極めて重要であることから、感度100%となるHbA1cの最小値を算出し8.7%未満とするなど、一部変更。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る