2010 年
糖尿病医療 進歩の歴史

HbA1c国際標準化

国内で従来用いられていたHbA1cのJDS値を国際標準化のため0.4加算し、NGSP値とすることが決定。周知のために2年ほどかけ、学術発表から臨床、健診へと順次変更。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る