2005 年
糖尿病医療 進歩の歴史

糖尿病腎症の早期診断基準改訂

日本糖尿病学会と日本腎臓学会の糖尿病性腎症合同委員会が、糖尿病腎症早期診断のための基準を改訂。従来は蓄尿が必要であったものを簡便性を考慮し、スポット尿のアルブミン値をクレアチニンで補正した値で診断できるように変更。

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る