37巻6号(2020年11月発行)

特集:糖尿病の外科治療
―Metabolic surgeryと膵・膵島移植の現状と将来展望―

37巻6号

特集にあたって

植木浩二郎/国立国際医療研究センター 糖尿病研究センター

1.Bariatric surgeryからMetabolic surgeryへ─世界の現状─

春田英律/四谷メディカルキューブ 外科・内視鏡外科
笠間和典・関 洋介・大竹玲子/四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

 高度肥満症患者に対する肥満外科治療は,糖尿病をはじめとする肥満関連健康障害の改善が内科治療に比べて優れていることが高いエビデンスレベルで証明され,代謝疾患を改善するための外科療法(Metabolic surgery:MS)として注目されている.肥満外科手術後には,体重減少で説明できる以上の代謝改善効果と,腸内細菌叢のバランス変化が認められている.糖尿病をはじめとした代謝性疾患に対する優れた効果ゆえに,新たな展開を迎えているMSの,これまでの歩みを概説する.

2.腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の現状と展望

佐々木 章・新田浩幸/岩手医科大学医学部 外科学講座

 わが国で保険診療の適用となっている減量・代謝改善手術は腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)のみであり,近年急速に手術件数が増加している.日本人肥満2型糖尿病に対するLSGの短期的な効果は良好であるが,長期成績の検討が課題とされており,筆者らはLSG後の糖尿病寛解の予測法を独自に考案した.LSGの改善機序として提唱されている"前腸仮説"や"後腸仮説"も紹介しつつ,今後の展望としてLSGが非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療の選択肢として検討される可能性についても言及する.

3.膵臓移植の現状と展望

剣持 敬/藤田医科大学医学部 移植・再生医学

 現在,膵臓移植は世界で50,000例以上が実施され,成績も年々向上している.膵臓移植は腎移植との関係から,膵・腎同時移植(SPK),腎移植後膵臓移植(PAK),膵臓単独移植(PTA)の3つのカテゴリーに分類され,世界的にもわが国でも膵臓移植症例の80%以上がSPKである.本稿では世界およびわが国の膵臓移植の現状,筆者の膵臓移植の臨床経験について概説し膵臓移植の課題を報告するとともに,内科的治療・膵島移植を選択肢に含めた今後の1型糖尿病治療の方向性についても考察する.

4.膵島移植の現状と展望

粟田卓也/埼玉県立大学 保健医療福祉学部 共通教育科
国立国際医療研究センター 膵島移植プロジェクト

 膵臓移植は血糖安定化とインスリン離脱によるQOLの改善および生命予後の著明な改善をもたらすものの全身麻酔による開腹手術が必要であり,血栓症・感染症などの合併症が比較的多い.そのため低侵襲の膵島移植が注目され,国内外で臨床研究が進められた.わが国では2020年4月に同種死体膵島移植が保険収載され,新たなステージを迎えた.エドモントンプロトコールからCITプロトコールへの変遷にも触れ,同種膵島移植の利点と課題,さらに糖尿病の移植医療の展望までを述べる.

5.バイオ人工膵島開発の現状と課題(ヒト幹細胞とブタ膵島)

霜田雅之/国立国際医療研究センター研究所 膵島移植プロジェクト

 糖尿病で失われた膵β細胞機能の補充療法として膵島移植が有望であるが,ドナー不足が課題である.ヒトドナー由来膵島の代替として,人造の機能性膵島細胞(バイオ人工膵島)が期待されている.そのひとつは,ヒト多能性幹細胞(hPSC)由来膵β細胞であり,もうひとつの有望な代替法は,ブタ膵島を用いた異種膵島移植である.それぞれの利点と予測される課題について,開発中の多様な技術やシステム・デバイス,さらに数々の臨床試験を紹介しつつ解説する.

連載・その他

・ 医師・医療スタッフが行く 全国病院・クリニック訪問
・ 特別寄稿
・ FORUM
・ OVERSEAS
・ SERIES 糖尿病と保険診療
・ SPOT 糖尿病と母と子と
・ 糖尿病の療養指導Q&A
・ STUDY  続・そこが知りたかった 糖尿病の大規模臨床試験
・ ESSAY  鉄・輪だより―鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅―
・ REPORT  子どもたち/ AYA世代の糖尿病―活動・実践ダイアリー―
・ CIRCLE リス☆カン フライデーレポート
・ WHITE BOARD

●A4・120ページ 本体\2,700+税 1984年より発行 医歯薬出版(03-5395-7610)
 出版社ホームページ→PRACTICE

2021年02月25日
糖尿病専門医レベルの方針決定ができる人工知能(AI)システムを開発 糖尿病データマネジメント研究会のビッグデータを活用 AIと非専門医を比較検証
2021年02月25日
膵臓部分切除術後の糖尿病発症に関与する因子を解明 腸内環境と膵臓内分泌細胞の可塑性が重要 九州大学、国立国際医療研究センターなど
2021年02月25日
眼内注射剤「ファリシマブ」が視力障害の原因となる糖尿病黄斑浮腫(DME)と加齢黄斑変性(nAMD)で治療間隔を最大4ヵ月まで延長
2021年02月25日
ブドウ糖代謝を調節する酵素「グルコキナーゼ」の抑制が、β細胞の量の低下を防ぐ 糖尿病の新規治療法開発へ 北海道大学
2021年02月25日
【新型コロナ】SARS-CoV-2に対する中和抗体の取得に成功 国産抗体製剤の早期実用化を目指す 慶應義塾大学など
2021年02月25日
【新型コロナ】コロナ禍で子供の15~30%に中等度以上のうつ症状が 保護者のうつも深刻 成育医療研究センターが調査
2021年02月25日
【新型コロナ】COVID-19増加にともなう脳卒中の診療現場への影響 迅速な診療プロセスよりも医療従事者への感染防御を優先
2021年02月25日
Finerenoneが2型糖尿病患者の腎・心血管イベントを抑制
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で急性心筋梗塞の治療開始が遅れる 重症合併症の増加につながった可能性
2021年02月18日
褐色脂肪細胞の燃焼を促す新たなメカニズムを解明 体の熱産生にマイクロRNA-33が関与 糖尿病やメタボのターゲットに
糖尿病プラクティス