よりよい糖尿病看護を目指して

Vol.1 ご存じですか?「クリニカル イナーシャ」

関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長 浜野 久美子 先生
筆者について

「クリニカル イナーシャ(Clinical Inertia)」という言葉をご存じでしょうか?
「臨床的惰性」などとも訳され、最近、よく耳にするようになりました。
患者さんが治療目標に達していないのに、適切な治療が行われていない状態を意味します。
糖尿病の領域に限らず、医療全体が抱える課題の一つです。

身近に潜むクリニカル イナーシャ。
看護師の「観察眼」を生かして改善を

 糖尿病治療における「クリニカル イナーシャ」とは、どんなことを言うのでしょうか。たとえば、患者さんがインスリン注射療法への移行を強固に拒否された場合。「もっと食事療法をがんばるから」という患者さんの意思を尊重して医師がインスリン治療を先送りにするといったケースがあります。お薬も「きちんと飲んでる」という患者さんを真っ向から否定するわけにはいかず、いつも通りの処方を続けることがあるかもしれません。しかし、患者さんを慮るあまり血糖コントロールが悪化してしまっては本末転倒です。
 そこで頼りになるのが、看護師の皆さんの「観察眼」です。患者さんがインスリン注射を嫌がる本当の理由は何なのか、人前で注射をするのが恥ずかしいのか、痛みが怖いのか、それとも金銭的な問題か、そうした患者さんの本当の気持ち=インサイトを、患者さんを観察したり、患者さんと対話する中で探っていただきたいのです。

患者さんの本当の気持ちがわかれば
取るべき対応が変わることも

 金銭的な負担が心配な患者さんに、いくらインスリン注射が大事だと訴えても響きません。実際にどれくらい薬代が増えるのか一緒に計算してみることが大切でしょう。また、「きちんと飲んでる」という患者さんが、実は、薬の種類が多いために、服用方法を誤っていたというケースもあります。薬の整理方法を提案したり、配合薬への変更も改善方法の一つかもしれません。
 このように患者さんのインサイトがわかれば、対処も変わります。その結果、患者さんは適切な治療が受けられるようになります。
 皆さんの現場に「クリニカル イナーシャ」が潜んでいないか、ぜひ一度検証してみてください。どういった患者さんには、どういったアプローチが良いのか、医師も含めて、ケーススタディを皆で持ち寄る機会があるといいですね。

2020年07月02日
糖尿病患者向け経済的支援を開始 COVID-19の影響で治療継続が難しくなった患者の医療費を支援 日本メドトロニック
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
超速効型インスリン製剤での日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」を発売
2020年07月02日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として承認取得
2020年07月02日
COVID-19発症1型糖尿病患者はDKAに要注意
2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年06月25日
ストレスが閉経後の2型糖尿病女性の冠動脈イベントを増やす
2020年06月25日
肥満症治療を最適化し、肥満への理解の向上を目指す 国際研究プロジェクト「SOPHIA」が活動を開始
2020年06月25日
週1回投与の持続性GLP-1受容体作動薬「トルリシティ」が高い服薬アドヒアランスと継続性を示す
2020年06月24日
メトホルミンでは血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者でビクトーザが血糖コントロール期間を長期化
糖尿病プラクティス