よりよい糖尿病看護を目指して

Vol.1 ご存じですか?「クリニカル イナーシャ」

関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長 浜野 久美子 先生
筆者について

「クリニカル イナーシャ(Clinical Inertia)」という言葉をご存じでしょうか?
「臨床的惰性」などとも訳され、最近、よく耳にするようになりました。
患者さんが治療目標に達していないのに、適切な治療が行われていない状態を意味します。
糖尿病の領域に限らず、医療全体が抱える課題の一つです。

身近に潜むクリニカル イナーシャ。
看護師の「観察眼」を生かして改善を

 糖尿病治療における「クリニカル イナーシャ」とは、どんなことを言うのでしょうか。たとえば、患者さんがインスリン注射療法への移行を強固に拒否された場合。「もっと食事療法をがんばるから」という患者さんの意思を尊重して医師がインスリン治療を先送りにするといったケースがあります。お薬も「きちんと飲んでる」という患者さんを真っ向から否定するわけにはいかず、いつも通りの処方を続けることがあるかもしれません。しかし、患者さんを慮るあまり血糖コントロールが悪化してしまっては本末転倒です。
 そこで頼りになるのが、看護師の皆さんの「観察眼」です。患者さんがインスリン注射を嫌がる本当の理由は何なのか、人前で注射をするのが恥ずかしいのか、痛みが怖いのか、それとも金銭的な問題か、そうした患者さんの本当の気持ち=インサイトを、患者さんを観察したり、患者さんと対話する中で探っていただきたいのです。

患者さんの本当の気持ちがわかれば
取るべき対応が変わることも

 金銭的な負担が心配な患者さんに、いくらインスリン注射が大事だと訴えても響きません。実際にどれくらい薬代が増えるのか一緒に計算してみることが大切でしょう。また、「きちんと飲んでる」という患者さんが、実は、薬の種類が多いために、服用方法を誤っていたというケースもあります。薬の整理方法を提案したり、配合薬への変更も改善方法の一つかもしれません。
 このように患者さんのインサイトがわかれば、対処も変わります。その結果、患者さんは適切な治療が受けられるようになります。
 皆さんの現場に「クリニカル イナーシャ」が潜んでいないか、ぜひ一度検証してみてください。どういった患者さんには、どういったアプローチが良いのか、医師も含めて、ケーススタディを皆で持ち寄る機会があるといいですね。

2020年09月25日
【新型コロナ】6月時点での神奈川県内65医療機関のSARS-CoV-2抗体陽性率は2.4% 神奈川県内科医学会
2020年09月24日
週1回投与のインスリンアナログ「insulin icodec」の第2相試験の結果 2型糖尿病患者に有効で忍容性も良好 EASD2020で発表
2020年09月24日
救急・集中治療領域におけるバイオマーカーの有用性と今後の展望
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月24日
【新型コロナ】COVID-19では高齢、慢性腎臓病に加え、高尿酸血症・痛風が死亡のリスクに 首都圏345症例の解析により解明
2020年09月24日
【新型コロナ】「アビガン錠」が新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内第3相試験で主要評価項目を達成
2020年09月17日
2型糖尿病治療薬「メトホルミン」の後発薬を自主回収(クラスI) 管理指標を超えた発がん性物質を検出
2020年09月17日
ジャディアンスが心不全などによる入院リスクを25%減少 2型糖尿病合併の有無を問わない左室駆出率が低下した心不全患者が対象のP3試験
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月17日
【新型コロナ】製薬9社がワクチン開発では安全性を最優先すると共同声明 アストラゼネカのワクチン候補の治験は一時停止
糖尿病プラクティス