よりよい糖尿病看護を目指して

Vol.1 ご存じですか?「クリニカル イナーシャ」

浜野 久美子 先生関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長
筆者について

「クリニカル イナーシャ(Clinical Inertia)」という言葉をご存じでしょうか?
「臨床的惰性」などとも訳され、最近、よく耳にするようになりました。
患者さんが治療目標に達していないのに、適切な治療が行われていない状態を意味します。
糖尿病の領域に限らず、医療全体が抱える課題の一つです。

身近に潜むクリニカル イナーシャ。
看護師の「観察眼」を生かして改善を

 糖尿病治療における「クリニカル イナーシャ」とは、どんなことを言うのでしょうか。たとえば、患者さんがインスリン注射療法への移行を強固に拒否された場合。「もっと食事療法をがんばるから」という患者さんの意思を尊重して医師がインスリン治療を先送りにするといったケースがあります。お薬も「きちんと飲んでる」という患者さんを真っ向から否定するわけにはいかず、いつも通りの処方を続けることがあるかもしれません。しかし、患者さんを慮るあまり血糖コントロールが悪化してしまっては本末転倒です。
 そこで頼りになるのが、看護師の皆さんの「観察眼」です。患者さんがインスリン注射を嫌がる本当の理由は何なのか、人前で注射をするのが恥ずかしいのか、痛みが怖いのか、それとも金銭的な問題か、そうした患者さんの本当の気持ち=インサイトを、患者さんを観察したり、患者さんと対話する中で探っていただきたいのです。

患者さんの本当の気持ちがわかれば
取るべき対応が変わることも

 金銭的な負担が心配な患者さんに、いくらインスリン注射が大事だと訴えても響きません。実際にどれくらい薬代が増えるのか一緒に計算してみることが大切でしょう。また、「きちんと飲んでる」という患者さんが、実は、薬の種類が多いために、服用方法を誤っていたというケースもあります。薬の整理方法を提案したり、配合薬への変更も改善方法の一つかもしれません。
 このように患者さんのインサイトがわかれば、対処も変わります。その結果、患者さんは適切な治療が受けられるようになります。
 皆さんの現場に「クリニカル イナーシャ」が潜んでいないか、ぜひ一度検証してみてください。どういった患者さんには、どういったアプローチが良いのか、医師も含めて、ケーススタディを皆で持ち寄る機会があるといいですね。

2020年01月24日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公開 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな栄養指導が必要に
2020年01月24日
「スーグラ錠」「スージャヌ配合錠」の重⼤な副作⽤にアナフィラキシー 厚労省が添付⽂書の改訂を指⽰
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月22日
インスリンに糖鎖が結合した新しい分子「グリコインスリン」の合成に成功 線維化しない新しいインスリン分子を創製 大阪大
2020年01月22日
難治性の傷を治す「シルクエラスチン」を開発 糖尿病性皮膚潰瘍などの慢性創傷に有効 産官学連携で医師主導の治験を実施
2020年01月22日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」の慢性心不全治療薬としての効能・効果追加を申請 DAPA-HF試験結果を受け
2020年01月16日
慢性腎臓病(CKD)により体内時計が乱れる 中枢時計や末梢臓器の時計の乱れが腎機能をさらに悪化させるという負の連鎖
2020年01月16日
「郡山市における糖尿病対策に係る共同研究」の結果 ノボ、郡山市、福島県立医科大学 治療中断者は糖尿病への理解や認識が不足している
2020年01月16日
サノフィが「Diabetes.Your Type.」キャンペーンを開始 糖尿病患者が病気を隠さずにいられる社会を
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
4コマ劇場 糖尿病看護のあるある体験談