第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

尿試験紙・電子尿糖計

製品一覧表へ ※クリックすると一覧表に移動します

2020年01月16日
慢性腎臓病(CKD)により体内時計が乱れる 中枢時計や末梢臓器の時計の乱れが腎機能をさらに悪化させるという負の連鎖
2020年01月16日
「郡山市における糖尿病対策に係る共同研究」の結果 ノボ、郡山市、福島県立医科大学 治療中断者は糖尿病への理解や認識が不足している
2020年01月16日
サノフィが「Diabetes.Your Type.」キャンペーンを開始 糖尿病患者が病気を隠さずにいられる社会を
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2020年01月08日
SGLT2阻害薬「ジャディアンス」がDPP-4阻害薬に比べ2型糖尿病患者の心不全による入院、末期腎不全および全死亡リスクを低下
2020年01月07日
肥満・糖尿病とアルツハイマー病を合併すると寿命がさらに短縮 脳内グリア細胞の関与を示唆
2020年01月06日
糖尿病リソースガイド 【2019年にもっとも読まれたニュース ベスト20】
2019年12月26日
「糖尿病治療におけるTime in Range(TIR)の重要性と血糖トレンドの活用」を公開
2019年12月25日
2型糖尿病の「隠れ肥満」はインピーダンス法で簡単に判定できる CTによる内臓脂肪面積の測定と高い相関 国立循環器病研究センター

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

尿試験紙

 尿試験紙は、糖尿病予備群、耐糖能異常や軽症の糖尿病の患者さんにとって、手軽に糖の状態を把握できる便利なツールである。尿糖は軽度の高血糖では検出されないため、厳格な血糖コントロールには向かないが、まだ血糖自己測定が必要でない方にとっては、採血時の痛みがなく試験紙で簡単に測定できるというメリットがある。
 測定は、食後の最も血糖値が高いと思われる時間帯の尿で行う。陰性であればコントロールは良好といえる。陽性判定が繰り返し出た場合には、主治医への相談するように促すことが必要である。

糖尿病の尿検査で重視される主な項目

尿 糖

 尿の中に排泄されるブドウ糖のこと。高血糖状態の場合、血液中のブドウ糖が尿の中に排泄されるようになる。食後、上昇する血糖値が170mg/dL前後を超えると尿糖が検出され、それ以下では検出されない。血糖値を測定することはできないが、血糖自己測定が保険適用でない患者さん、健診等で要指導の方、糖尿病が気になる方が手軽に行える検査として推奨される。

尿蛋白

 腎臓で尿に漏れたタンパク質のこと。糖尿病腎症が進行すると蛋白尿が検出されるようになる。腎症ではない一過性の尿蛋白もある。ただし、蛋白尿が出ていなければ腎症は起きていないというわけではなく、腎症が起きているか否かは尿蛋白よりも早い時期から検出される「微量アルブミン尿」の検査によって診断される。  

尿中ケトン体

 ケトン体は、インスリンの作用不足でブドウ糖をエネルギー源として使えないとき、体が脂肪分をエネルギーに変換しようする結果、発生する。尿中ケトン体が陽性の場合、体内ではブドウ糖の利用が少なく、脂肪がエネルギー源として利用されている状態。たとえば、シックデイ(感染症などの糖尿病以外の病気にかかったとき)には、インスリンの作用がいつもより低下して、ケトン体が出やすくなる。

尿中アルブミン

 アルブミンは血液中に多い分子量の小さいタンパク質の総称。糖尿病腎症が進行すると尿にタンパク質が混ざるようになるが、そこまで腎症が進行する以前の「早期腎症」と呼ばれる段階でも、微量のアルブミンが検出される。尿中微量アルブミンを測定することによって、腎症の早期発見が可能となる。

尿中クレアチニン

 尿や血液中に存在する老廃物の一種で、腎機能が正常かどうかを知るための指標。尿検査と血液検査の両方で測定され、腎機能に問題があると血液中のクレアチニンが増加し、尿中のクレアチニンは減少する。主に筋肉で作られるため、筋肉量が少ない女性は男性に比べてクレアチニン値が低くなる。また、高齢になるにしたがって男女ともに低下していく特徴がある。

尿比重

 尿比重とは、尿中の水分と水分以外の物質の割合。腎臓機能が低下してくると高血糖となり、浸透圧利尿による尿量の増加がみられるようになる。すなわち正常の場合、水分摂取が少ないと尿比重が上昇するが、腎機能が低下すると比重の上昇がみられなくなる。

pH

 本来、健常者の尿は弱酸性であり中性になるように調節されている。尿が酸性かアルカリ性を調べることで、体内の調節機能の状態を把握することができる。尿のpHが直接糖尿病やその他の疾患の判断基準となることはないが、pH以外の測定項目の数値と一緒に検討することで、疾患の有無や進展の度合いを判断することができる。

製品一覧表へ ※クリックすると一覧表に移動します

一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  FGM:Flash Glucose Monitoring
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料